ふさぎがちな毎日

麻衣子です。家で仕事をしてるとふさぎがちになってしまっていけないので親から散歩でも行ってきなさいって言われました。どもりのせいで人と話すことを避けてきた私としては外に出るのは結構勇気がいる作業です。

なので福岡の街並みをゆっくりとただ歩いて回るくらいにして帰ってきました。浄水通りあたりをぶらぶらするのはわりと好きです。

普段買い物をしようとする時は誰かについてきてもらって買うか、買う物を決めてから出かけるようにして、それだけを買ったらすぐ帰ってくるような感じです。

外食は親と一緒じゃないと注文がうまくできないので一人ではまず行きません。どうしてもって時もあるのでそういう時はジェスチャーでなんとかごまかします。

どもり、吃音って言いますけど、本人はしゃべる事はわかってるんです。でも、それをいざ言葉にしようとするとつかえてしまってうまく話せないんです。なので言葉が見つからないんじゃないんですよ。

吃音にも種類があって、母が調べてくれたんですけど、3種類あるみたいです。

難発型、伸発型、連発型です。私はしゃべろうとすると言葉が繰り返してでてしまう連発型なんですが、どもりって聞くと難発型が多いと思います。

これは言葉が詰まってしまって一音目が出せないとか変に硬直してしまうような人の事を言います。

伸発型は「あー」とか「えー」とかって音が伸びてしまうしゃべり方になってしまうような人の事を言うそうですですが、これって多分日常的に言う人いますよね?「えー」って伸ばすしゃべり方の人だらけですもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です